主婦が副業すると税金や扶養のことが気なる!確定申告はどうする?

主婦で副業を始めようと思うと税金や扶養のことなんかが気になってきますよね。

扶養内で副業するのか、扶養から外れるのか・・・

悩みますよね。

そのあたりを税理士の先生に聞いてみました。


主婦が副業すると税金や扶養はどうなる?

あなたがパートに出ていてお給料を貰っていてさらに副業をしたい場合

このことを税理士の先生に聞いてみました。

知り合いがパートに行ってるんだけどアフィリエイトで副業したいみたいなんです。
税金ってどうなりますかね?

ご主人の扶養から外れるのは103万円以上で自分で社会保険に入らないといけなくなるのが130万円以上ですね。

もう少し詳しく聞いてもいいですか?

パートでお給料を貰っていると給与所得控除額がお一人65万円は控除されることになっています。
配偶者控除が38万円あるので合計103万円以下だと扶養から外れないということになります。

そうなんですね。
知り合いは週に4日4時間ほどパートに出ていて50000円から55000円ぐらい収入があります。
年間にすると65万前後です。

給与所得控除額65万円以内であれば配偶者控除額の38万円分は副業で収入があっても扶養から外れなくてもいいですし、確定申告をしなくてもいいです。

パートの給料が65万円以上になれば配偶者控除額の38万円から差し引かれていくので例えばパートで90万円の収入があれば扶養の範囲内の配偶者控除額は13万円分しか残っていないということになります。

そうなんですね。なんとなく構造がわかりました。

103万円の壁というのは扶養から外れるということで、所得税を払わなくてはいけません。

130万円を超えると自分で社会保険に入らなくてはいけいないので保険料が引かれるかたちになりますので家計の収入に負担がかかると考えられます。103万円を超えて扶養からはずれてもご主人の年収が400万であれば増税額は5%です。
約50000円ぐらいの増税となりますが、社会保険に加入しなくてはいけない130万円いないであれば27万円年に家計として増えることになるので増税額を引いても20万ぐらいの収入増と考えられます。

130万円を超えてしまうと社会保険に加入しなくてはいけないので、負担が大きくなりますので働き方を考えたほうがいいです。

ありがとうございました。

よく聞く103万円の壁・130万の壁の理屈がわかりました。

ただ、今後パートの方の社会保険の加入の条件がかわってくるので今後も注目していかないといけないですね。

主婦が副業した時の確定申告はどうすればいい?

副業の収入が38万円以下であれば確定申告をする必要がありません。

副業だからしなくてもいいわけではなく、扶養である条件の38万円以下の収入に達していれば確定申告をしなくてはいけないのです。

ただ、副業で使った経費などは収入から差し引くことができますので、例えばアフィリエイトで副業をする場合、レンタルサーバーやドメイン代、家で作業をするので電気代、家賃、水道代の何割か(これはどれぐらいの割合で副業で使っているかによります)は経費として認められますし、パソコンが必要で副業に使うのであればパソコン代も経費になります。

まとめ

主婦で副業をしようと思うといろいろ考えないといけないことがありますが、ひとつひとつクリアーにして前に進んでいきましょう!

もしかしたら副業が本業になるかもしれないですしね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA