新しいくなったアドセンスの新機能ご存知ですか?

こんにちは。
大野結々です。

3月のGoogleのフレッドアップデートでアドセンスのアクセスがかなり減って
今後のアドセンスはどうなってしまうのかと心配しました。

ですが、4月には持ち直し、さらにフレッドアップデートのあと回復し
それがフレッドアップデート以前よりもアクセスが増え収益も2倍以上になりました!

今回はそのことをおはなししようと思います。

■Googleが力を入れていること

3月に行われたフレッドアップデートは
Googleが行ったテストアップデートだと言われています。

その時に多くのブログの順位が入れ替わり
アクセス数も激減しました!

その時のブログの記事はこちらです

アドセンスのアクセス数が激減!何が起こったの?

ホントにこの時は焦りました。
いつものアクセスの半分以下になり
報酬も激減(ノД`)

本当にどうなることかと思いました。

フレッドアップデートが落ち着いて来て
アクセスももとに戻ってきて喜んでいると、
アップデートが起きる前よりも
アクセスも収益も増えてきました。

今ではアップデート以前の収益の2倍にはなっています。

今、グーグルはポリシー違反をすごく厳しく取り締まっています。

そもそもポリシー違反とは

・自分で広告をクリックすること

・禁止コンテンツが書いてある(アダルト・アルコール・タバコ・暴力的内容他)

*参照 https://support.google.com/adsense/answer/1348688

その他、訪問者さんのためにならない
薄いコンテンツしかないサイトの排除などにも力を入れています。

ですので、テストアップデートで順位が落とされて
アクセスが減ってしまって、回復しない場合は
ポリシー違反やコンテンツ不足などの要因があるかもしれないですね。

■Googleアドセンス管理画面にポリシーセンターの新設

今まではポリシー違反になると
アドセンスから警告メールが届いていました。

このメールをもらうと背筋が凍りついてしまいますよね!

今まではこういったメールをもらっても
明確な点がわからないことが多く
そのままアカウント削除になってしまうケースも多々あったようです。

ですが今回新しいサービスにより
ポリシー違反等に対するきめ細かい情報を確認することができるようになったんですね。

・違反のあるサイトやページ

・違反とみなされた理由

・違反を解除するための対応

これらのことがわかるよになったので
もしも万が一アドセンスからポリシー違反についての
メールをもらってもちゃんと対処すれば慌てることはありません。

そして、今までと大きく違う点は
ページ単位での対応となるので、
これまではポリシー違反がみつかると
そのブログやサイトの広告が停止
または無効化となっていたものが
ポリシー違反をしていないページは
そのまま広告が掲載されることになりました。

これはありがたいですよね。

とは言っても、ブログ全体が広告停止にならないなら
何を書いてもいいわけではなく、
1つのページもポリシー違反しないようにするのが基本です。

とはいえ

ちゃんと自分のブログに広告が表示されているのか
ポリシー違反を知らずにしていないか心配になりますよね。

それを簡単に確認する方法があります。

ご自分のアドセンス管理画面に行きます。

左側にあるホームの下のところの

「設定」をクリックします。

そうすると「ポリシセンター」と出てくるので
クリックします。

ちゃんと広告が掲載されていると
このようなマークが出ますので確認してみてくださいね。

これが出ていれば安心です。

こまめにチェックしてもしもポリシー違反をしていることが
わかれば早めに対処していきましょうね。

公式アドセンスブログ

■一旦下がったアクセスと収益の復活

これは、何が理由かは定かではありません。

でも言えるのは、

・ポリシー違反をした記事を書いていない
・コンテンツが薄っぺらくない(訪問者さんのための記事が多い)

このことを守っているからっていうのは
間違いなさそうです。

ポリシー違反をすることはアドセンスを続けていく上では
絶対にあってはならないこと。

日々気を付けておかないといけないですよね。

コンテンツに関しては1500文字以上の記事が多いというのも
関係があるかもしれないですね。

あとはちゃんと訪問者さん目線で記事を書いているかということも
大切ない気がします。

検索して答えを一生懸命探している訪問者さんのためになるか
そうでないかということを基準にしながら記事を構成すると
いいと思いますよ。

 

 メルマガ登録はこちら▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA